玄米麹専門店の甘酒

試行錯誤を繰り返し作り上げた自慢の玄米麹

玄米には特有のヌカが付帯している為、麹に加工するのが難しい事からほとんど流通されておりませんが、独自の技法と製法により、自身も納得の出来る玄米麹が完成しました。
原材料にもこだわり、オーガニックの有機玄米を使用しております。
機械に頼らず、手から伝わる品温、麹へとなっていく過程で放たれる薫り、麹菌のはぜ込み具合を見定め手入れをし、自身の五感を大切に使い作った自信の玄米麹。
その玄米麹だけで作った玄米麹甘酒の風味は、今までの抱いていた甘酒への概念を覆す自信があります。

アミノ酸一斉分析 宮崎県食品開発センター調べ

宮崎県食品開発センターとの共同研究により、遊離アミノ酸分析を行いました。
緑色は以前製造していた米麹甘酒。赤色は現在製造している玄米麹甘酒です。
(図1)は、必須アミノ酸を含む体を構成する20種のアミノ酸とγ-アミノ酪酸(通称GAVA)の比較です。
(図2)は、必須アミノ酸9種の比較です。
GAVAを含むすべての成分で、玄米麹甘酒に多く含まれる事が判明しました。
アミノ酸の総数から、米麹甘酒よりも玄米麹甘酒の方が、1.7倍以上多く含まれる事がわかりました。

オリゴ糖分析 宮崎県食品開発センター調べ

玄米麹甘酒とろり「ひのひかり」と、さらり「ミルキークイーン」の分析を行ったところ、オリゴ糖も検出されました。
このオリゴ糖の量の違いから、とろり と さらり それぞれの風味と甘みの違いがあることもわかりました。
オリゴ糖には、整腸作用を示す報告もされております。
また、甘酒にも同様の作用があると言われておりますが、当店の玄米麹甘酒は、このオリゴ糖が関わっている事がわかりました。

玄米麹甘酒
玄米麹専門店 娘こころ
玄米塩麹
玄米麹専門店 娘こころ
玄米麹

玄米麹専門店は「にっぽんの宝物」スイーツ部門で表彰されました ! ~

玄米麹専門店 にっぽんの宝2019-2020
玄米麹専門店 にっぽんの宝2018
玄米麹専門店 にっぽんの宝2017

玄米麹甘酒 誕生秘話

●甘酒つくりの根本は、私の母が食の細くなった祖母に、「少しでも元気でいてほしい」という思いから、飲む点滴と言われる甘酒つくりが始まった。
当時は世間一般的な作り方と同じで、お粥上に炊いたモチ米に、米麹を入れて甘酒へと加工する作り方だった。
当時は、米麹製造業者から米麹を購入し作っていた。その業者へ、「月に〇〇〇㎏欲しい」と申し出たところ、「その量は確約できない」という返事が返ってきた為、米麹の製造へ着手するようになった。続きを読む…

お客様の声

●お通じが良くなった。毎朝デトックスのようにでるようになって便秘薬を飲まなくなった。
肌も手触りがかわってしっとりしているように感じる。続きを読む…

玄米麹専門店 インスタ

「 Instagram 」やってます!

@genmai_amazake Please follow us!